読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(元)三留女子大生の毎日

しごと、たべもの、すきなこと。

ジャニーズ若手グループ(平均年齢25歳以下)にみるメンバーカラーの意味

どうも、ジャニオタです(聞いてない)。最近はちょっと追っかけやめていますが、去年くらいまで平成の世を高く跳ぶあのグループと、関西の愉快な7人組の弟分のオタクでした。

今日ふと、ジャニーズグループのメンバーカラーには何か共通点や意味があるのではないかと思い、若手グループ(平均年齢25歳以下)のメンバーカラーについてちょっと考察してみました。正直、ジャニーズに興味がない人には死ぬほどつまらない記事です。興味がなかったら読み飛ばしてください。

メンバーカラーって?

ほとんどのジャニーズグループは、メンバーに色が割り振られています。それがメンバーカラーです。女性アイドルのようにサイリウムの色が指定されているとかではなく、アイドル自身がその色の衣装を着用したり、公式で紹介されるときに用いられることが多いです。若いグループほど、「色が人を表す」場合が顕著なので、今回は若手に絞りました。みんなおじちゃんになったね……。

対象グループ

平均年齢が若い順に、Sexy Zone(19.6歳)、Hey!Say!JUMP(24.7歳)、ジャニーズWEST(24.9歳)の3グループ。

色分け

上から、ジャニーズWEST、Hey!Say!JUMP、Sexy Zone

ジャニーズWEST重岡大毅

HeySayJUMP:山田涼介

Sexy Zone佐藤勝利

グループのセンター、あるいは「顔」となるメンバーがこの色をあてがわれます。全員、お仕事では完璧にアイドル仕上げてきますが、ただの引きこもりオタク(山田涼介)だったり、家で肩にインコ乗せてギター弾いてたり(佐藤勝利)、私服がハイパーダサくてプライベート謎すぎる男(重岡大毅とかそんなんが多いです。ポジションはセンターがほとんどで、グループと言えばこの人、という感じ。戦隊モノの赤と同じ位置づけですね。

ピンク

ジャニーズWEST小瀧望

HeySayJUMP:知念侑李

Sexy Zone:該当なし

グループ最年少の凸凹コンビ。グループ全員に愛されていて、本人もその自覚がある甘えん坊さん。お財布を出さない子(知念)とビッグベイビー(小瀧)ですから……。だいたい最年長(もしくはそれに近い人)とプライベートでも仲良し。グループできたてのときは赤の子の次にお仕事をもらうことが多い気がします。ポジションはセンターの近くで、2列・3列編成では前列にいるイメージ。

オレンジ

ジャニーズWEST桐山照史

HeySayJUMP:有岡大貴

Sexy Zoneマリウス葉

お仕事ではとっても明るいのに絶対闇抱えてそうな人たち(褒めてる)。ニコニコしておバカ発言したりするけど、その裏でいろいろ考えていそう。桐山くんは仕事のストレスで突発性難聴になったし、有岡くんは打ち合わせがあるにも関わらず屋久島に一人旅するレベルの闇を抱えています。ポジションはだいたい赤の横とか近くで、ピンク同様前列組。バラエティ班が多いイメージです。

黄色

ジャニーズWEST中間淳太

HeySayJUMP:八乙女光

Sexy Zone:該当なし

クリエイト精神、プロデュース精神の強い人達。NEWSの増田貴久くんも黄色。中間くんはコンサートの構成や演出などにかなりの部分で意見を出しているし、八乙女くんはアルバムタイトルを発案しています(昨年のアルバム『JUMPing CAR』は彼が決めた)。増田くんは衣装について、シングルでもツアーでもかなり関わっています。クリエイティブな人と個性的な人がバランスよくいて、ポジションはたいてい赤の人の近くかな。

水色も含む)

ジャニーズWEST藤井流星

HeySayJUMP:伊野尾慧(青)、中島裕翔(水色)

Sexy Zone中島健人

赤の子とは別に、グループの知名度を底上げしていく人たち。ドラマやバラエティへの出演でちゃんと見つかるようなキャラクターやルックスを持っている4人です。めざまし木曜日が伊野尾くん、レンタル救世主が藤井くん、デート(杏ちゃんのドラマ)が中島裕翔、セクシーサンキューの人が中島健人です。デビューしたてのころは後列に回されることが多いですが、人気が出てくると歌割りが増え、前列に加わったり露出が増えてきてゴリ押し出世が顕著に(ほめてる)。私の推しはなぜか青とか緑が多いです。

黄緑も含む)

ジャニーズWEST神山智洋

HeySayJUMP:岡本圭人(緑)、薮宏太(黄緑)

Sexy Zone松島聡

天然バカ(松島)と、ほんわか天使(岡本)、サッカーオタク(薮)、オカン(神山)。共通点なさそうですが、みんな縁の下の力持ちとして、グループのことを一生懸命考えています。あと、優しさとボケの割合が絶妙でメンバーからよくいじられています。本人は一生懸命話しているのに空回りすることもあるのがまた可愛いです。ポジションとしては後列に含まれますが、歌パートでは飛び道具的に美味しい役割をもらうこともあります。

ジャニーズWEST:濱田崇裕

HeySayJUMP:髙木雄也

Sexy Zone菊池風磨

世間に見つかって本気出してからがいい意味でヤバイ人たち。ただのリア恋枠でしかない(アイドルとしてよりも、現実の世界にいたら間違いなく普通にモテるタイプ)です。モテる振る舞いが無意識にできてしまうので、メンバーからもその気遣いの良さを褒められることが多いです。ただ、アホと秀才の差が顕著なのもここだと思っていて、濱田くんと髙木くんはレギュラー番組で大ボケおバカ回答かましまくってる一方、菊池くんは慶應在学中だし、他のグループで言えばNEWSの小山くんも明治大卒。関ジャニ∞村上信五くんは司会者道を爆走中。ポジションは前列と後列をバランス良く行き来するイメージ。

 

 

私の感覚としては、赤を中心に暖色系がジャニーさん的推しメン(というかグループのメインメンバー)です。テレビに優先的に出してもらえて、歌割りも多めに与えられて、必然的に歌番組のカメラでもたくさん抜かれる。デビューしたてでメンバー個々の認知度が低い状態のとき、グループを表すようなメンバーがここに含まれる気がします。

青を中心に寒色系のメンバーは、実人気にかかわらず歌割りが顕著に少ない(ひどいときはソロパートなし)し、カメラに抜かれても一瞬とかで、格差があれこれ言われることも。デビューしてグループの認知度が高まり、個々のメンバーにも目が行くようになると「なんで彼を隠していたんだ!」と外から怒られるくらい、ファンがたくさんつきます。出し惜しみかな。私の担当さんはだいたいみんな寒色系なので、なんかまあそういうことなんでしょう。

例外もたくさんあります。セクシーゾーンはお兄ちゃん二人(健人と風磨)がふたりとも寒色です(セクゾはもともと勝利くんのためのグループなので)。嵐は暖色組が櫻井くん(赤)、ニノ(黄色)だけですが、ジャニーさんは松潤(紫)が大のお気に入りです。そのへんはデビュー時の年齢などを考慮していたのでしょう。

大人グループも含めての考察をするとまた違った結果が出てきそうなので、時間があればやってみたいですね。今でこそかなりフレキシブルになってきましたし、またデビューするグループがあれば異なってくると思いますが、ジャニーさんはたぶんセンターに赤を据えるのだけはやめないはず。

おそまつさまでした!!!!