読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(元)三留女子大生の毎日

しごと、たべもの、すきなこと。

ADHDもどきの25歳が常に持ち歩いているもの

ライフハックもどき ADHD

今回は、普段、仕事・プライベート関係なく持ち歩いているものと、ADHDもどきの人間が持ち歩かないほうがいいものについて書こうと思います。最初もっと違うことを書きたかったんですけど、書いてるうちに疲れてくるといういつもの飽き性を発揮したので、もっと短く書けるものにしました。

 

持ち歩いているもの

  • 財布…ポール・スミスの長財布を使っています。免許証と保険証、キャッシュカードは財布にイン。
  • スマートフォン…必須。依存気味なので無いと死ぬ。
  • 定期入れ(ICプリペイドカード入り)
  • イヤホン…有線を推奨します。Bluetooth系にしたら間違いなくカバンの中でなくします。やめましょう。
  • モバイルバッテリー(10000mA)…充電のためにカフェに入るのがめんどくさいから。
  • 手帳…常にペンをぶっ刺しておくことです。あと、なるべく存在感のあるものが良いです。4月にEDITを買う予定。
  • メイク道具
  • 家の鍵…キーケースはなくすので、学生時代はシェリーメイの10cmくらいのぬいぐるみに鍵をつけていました。一度もなくしませんでした。
  • ペンケース(シャーペン、3色ボールペン、修正テープ、蛍光ペン、印鑑、目薬)…とっさに印鑑が必要なことって生きていると結構あります。たいてい書類書きとセットになっているので、ペンケースに印鑑を入れておくと何かと役に立ちます。大きめの印鑑ケース(アフタヌーンティーで買った)に、大きいのと小さいの、訂正印を入れています。
  • 小さいポーチ…痛み止めや点眼薬、リップ、クシをまとめて入れておきます。ハンドクリームもここにぶっこむ。分散させるとどこにいったかわからなくなる。
  • 歯みがきセット…矯正中なので手放せません。ヘッドの小さい歯ブラシと40gの歯磨き粉(ちょうどよいサイズ)歯間ブラシを100均で買ったフラットポーチに入れています。衛生面?知るかよ。

 

持ち歩かないほうがいいもの

基本的に、上で挙げたものの役割を分散させてしまうものは持ち歩きません。混乱してしまうので。

  • 小銭入れ…一時期持ち歩いていましたが、お会計で小銭入れ出すだけで手間取るし、お釣りを分けて入れるのがとても面倒だったのでやめました。かわいいコインパースがあっても心を動かされてはいけません。我慢しましょう。どうせ使わなくなります。
  • カードケース…こちらも一時期持ち歩いていましたが、ぶっちゃけ使うときだけ抜けばいいし、普段は財布に必要なものだけ入れておけばなんとかなります。おしゃれなカードケースに騙されてはいけません。どうせ使わなくなります。
  • バッグインバッグ…やめろ。ぜったいにやめろ。小分けのポケットなんて無意味です。いただいたことがあって可愛かったので使っていましたが、区切られたポケットに一つずつしまうのが本当に面倒ですぐ使わなくなりました。それなら必要なものを小さいトートに入れて持ち歩くほうがマシです。

持ち歩かないほうがいいものってあんまり思いつかないけど、これくらいかな。

 

大事なのは、「役割を分散させすぎない」ことです。財布は財布としての機能が全て詰まっていたほうが楽です(札、小銭、カードに分けない)。ペンケースも、ある程度大きさがあって、3色ボールペンとシャープペンシル蛍光ペン、ハンコ、付箋くらい入ると文句なしです。かさばるからと分散させると忘れたりなくしたりします。だから、ポーチもメイク用、薬(目薬も含む)、その他(ハンドクリームやリップなど)の3つくらいにしています。

あと、「場所を仕分けしすぎない」ことも大事です。分散させ過ぎないことと共通しているんですけど、バッグインバッグってけっこう細かくポケット分かれてません?きっちり分けて入れるのが苦にならない人はいいと思うんですけど、ADHD(もどき)の人間にはちょっと難しいです。カバンそのものについても言えることで、だいたい3つくらいに分かれてればオッケーです。見えないところにあるポケットは必要ありません。入れたことを忘れてしまうからです。