読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(元)三留女子大生の毎日

しごと、たべもの、すきなこと。

三留女子大生の就活が終わった話

 

少し前にこんなブログを書いたところでしたが、ありがたいことに、就職活動が終わりました。世間は今から就活ですが、私が言う「就活」は、この4月から働きたい人間の「就活」です。そして、3度の留年を経験した人間の「就活」です。

就職先は教育委員会です。一応公務員として扱われるとはいえ、更新ありの非常勤職員ですし、三年後どうなっているかなんてわからないんですけどね。いいところは残業手当が出るところ、賞与があるところ、週4だけど近所の自治体の事務(週5フルタイム)より基本給がいいことくらいかな……。贅沢は言いません。とりあえず決まってよかったです。

で、留年したら非常勤しかないのかという話ですが、1留したくらいでは就活にはほとんど響きません。弟は1留ですが、公務員になるために猛勉強して地元の自治体に合格しました。アルバイト先の先輩も1留でしたけど、大手財閥傘下の企業に内定をもらっていました。面接対策をしっかりしておいて、留年した理由と留年から得られたことをきちっと考えておけば、そんなにマイナスになることはありません。

あと、2留もまだ救いようがあります。公務員とか、中小企業なら拾ってもらえる可能性があります。私の知り合いで、サークル活動のリーダーをしていた人は2留しましたが、大手証券会社に内定をもらっていました。

しかし、3留は致命的です。少なくとも、誰もが名前を知っている大手企業や一部上場企業への新卒採用はほぼないと考えていいでしょう。中小の民間企業もできるだけ優秀な人材がほしいですから、それ相応の理由がなければことごとく落とされます。公務員も教員も、3留はかなりシビアに判断されます。履歴書を見た瞬間「なぜ留年したの?」と100%聞かれます。当たり前ですね。三留はよほどです。どんな理由を並べ立てたにせよマイナスでしかなく、事情が何であれ、かなりしっかりした目的があり、そこから得たものが明確で、今後社会人としてどう生かしていけるか説明できなければ、間違いなく落とされます。「どうしても取りたいと思わせる何か」があなたになくてはいけません。逆に言えば、自分が留年した理由をきちんと分析し、その経験から得られたもの(これは人それぞれ。考えてみて下さい。何も得られなかったなんて人はいないはず)や失ったもの、それらを社会に出たらどう活かすか、会社でどう役立つかなどがきちんと話せれば、拾ってくれるところもあるでしょう。

かといって、無理に正社員で採用してくれるところを選ぶのもリスクがあります。たとえ正社員として入社できたとしても、ブラック企業だった場合はお金より大事な何かを失う可能性だってあります。大事なのはお金ばかり見ないことです。人と違う経験をしているんだから、かならず何か得たものがあるはずです。それを正直に話しましょう。

もちろん、非正規でも条件がいいところはいくらでもあります。そこで何年か働いて、スキルアップしてから正社員を目指して転職したっていい。ひょっとするとそのほうが新卒として就活するより良い企業に巡り合えるかもしれません。

一年間フルタイムで働いてみて思ったことは、まずはちゃんと世に出て働くことが大切なんだということです。微々たるものであっても、自分でお金を稼いで、それで生きていくっていうのは、けっこうな達成感を与えてくれます。頑張ってください。

母方の曾祖母が103歳で亡くなった話

 

の勢いで書きます。忘れてしまいたくないので。

曾祖母は細面の上品な人で、若い時はとても美人だったと聞きました。「ありがとう」が口癖の感謝の人でした。会わない間にすっかり老いて、95歳でペースメーカーを入れ、100歳を超えてからはいよいよ起き上がることも難しくなりました。私が一緒に暮らし始めたときは、もう一日の大半をベッドで過ごしていました。それでも感謝の言葉を忘れない人でした。

 

9月のある木曜日のことでした。残暑というにはまだ暑すぎる日でした。私はいつものように朝食を食べて家を出ました。曾祖母は火曜日からショートステイに行っており、家にいませんでした。翌週の月曜日に帰ってくると祖母から聞かされていました。火曜日は私の仕事が休みで、朝風呂に入ったので、ショートステイに行く曾祖母を2階の部屋から見送った気がします。

仕事はおそらく滞りなく終わり、私はいつものように定時で帰宅しました。家の近くまで来たとき、見慣れない車がガレージの前に止まっていて、いつもは閉まっている玄関が開いています。普段はカーテンも締め切られている仏間の、庭に面した引き戸が大きく開いていました。誰が来ているのだろう、「ただいま」と言いながら家に入った私を出迎えてくれたのは、祖父のきょうだいでした。なんでここに、という疑問はすぐに解けました。

「おおきいばあちゃんがなあー、亡くなってもうてなあ」

その言葉を聞いたとき、私は足の力が抜けて玄関先にへたり込んで、声をあげて泣きました。よく見れば、見知らぬ人が家の中にたくさんいました(後で聞いたのですが、隣保の葬儀班長さんと、葬儀屋さんでした)。でもそんなのは気になりませんでした。

つい二日前まで元気で、私が作ったものを「ありがとう、ありがとう」と言いながら食べてくれたのに。わたしが毎朝「行ってきます」というと、にっこり笑って細いしわくちゃの手を振ってくれていたのに。認知症が進んでもう孫の顔もわからなかったけど、祖母と、ひ孫の私の顔だけは忘れないでいてくれたのに。

私は父方の祖父を二人ともすでに亡くしていましたし、父方の曾祖母も亡くしていました。でも、亡くなった当時一緒に暮らしていたわけではなかったので、「生活からその人が消えた」わけではなかったのです。母方の曾祖母は違いました。たった5か月とはいえ、一緒に暮らしていたのです。仕事に行く私を見送ってくれていたのです。介護に勤しむ祖母を見てきたのです。一緒に食事もしたし、テレビも見ていました。一緒に暮らしていた人が、ある日突然いなくなったのです。103歳という年齢もあり、いつかその日が来るだろうとは思っていましたが、思うのと、覚悟を決めるのとではわけが違います。いつもの1週間のショートステイで、来週の月曜日に帰ってくるのだと、祖母から聞いていました。

曾祖母が死んだのは、ショートステイに行って3日目のことでした。帰ってくるには、早すぎました。

 

動揺が収まらないまま、なぜ亡くなったかを尋ねました。死因は「大動脈解離」という聞いたことのない症状でしたが、調べてみると、曾祖母の体ではどうしたって打つ手のないものでした。朝食後に急に意識がなくなり、病院に運ばれて、総診断されたとのことでした。親族がみんな病院に集まって容体を見守ったものの、脈はある。よく調べてみたら、脈だと思っていたのはペースメーカーが動いていたからで、本人の心臓はもうとっくに動くのをやめていたそうです。そこで、ようやくペースメーカーが止められ、死亡の診断が下されたのです。もはや悲しさよりもやりきれなさがこみ上げてきました。うまく言えないけれど、もう命は失われてしまったのに、たった一つの機械によって縛り付けられていたのです。医者はそんなこともわからないのかと、素人ながらにもどかしかったのだと思います。

母親に連絡しましたが電話がつながらなかったので、LINEをしておいて父親に電話しました。仕事中だった父は、「仕事が済んだら行く、母さんにも言っておく」と言ってくれました。

そのあと、曾祖母と対面しました。細くて華奢な手はドライアイスで冷え切っていて、大動脈解離の影響か青黒く変色していました。同時に、曾祖母にとって致命的だったことを悟りました。大動脈解離はそれなりの痛みを伴うものだと知って、痛かったんかなあ、しんどかったんかなあ、苦労してきた人やからせめて最後くらい眠るように終われへんかったんやろか。曾祖母はきっと痛みに苦しみながら、声すら出せずに意識を失ったのでしょう。誰かが気づいたときには手遅れだったのかもしれません。いろいろ考えていたらどうしようもなくて、後ろで葬儀の打ち合わせが行われている中、声を殺して泣きました。

 

翌日、納棺が行われました。私も手伝って、数珠を持たせたり、足袋をはかせたりしました。地元のセレモニーホールでお通夜もお葬式も行われることになっていたので、棺に入れられた曾祖母はそのまま運ばれて行きました。お通夜も、お葬式も、祖父のきょうだいの、仕切りたがりのくせに段取りの悪い人にイライラしていたら終わりました。笑

 

お棺にお花を入れる時が、お葬式の一番つらい瞬間です。この時間が終わってしまうと、故人は火葬場に送られてしまいます。切られた花を、お棺の中いっぱいに敷き詰めました。曾祖母は痩せて小さくなっていたので、いくらでもお花が入りました。前日に書いた手紙も入れました。涙で前が見えなくなるくらい泣いて、最後に残った白い花を顔の横に添えたら、蓋が閉められました。

焼かれた後には、驚くほどきれいな喉仏と、ペースメーカーと、人工関節と、ぱさぱさになった骨が残っていました。

そうして、曾祖母は「ご先祖様」になりました。祖母と私の生活から、曾祖母がいなくなりました。

 

 

半年たった今、そんな生活にも慣れました。祖母は曾祖母が寝ていた部屋にベッドを置いて生活しています。ずっと部屋に置いてあった曾祖母の服や鏡台も倉庫に片付けました。そのとき見つけた本つげの櫛を譲り受けて使っています。祖母は手鏡を自分で使うことにしたそうです。

 

103歳で亡くなったので、いずれは来るものと皆がどこか覚悟して、あるいはそう思っていました。私もそうでしたから、比較的早く立ち直れました。というより、お客様が来るたびにお茶を出したり、あれこれ手伝っていろいろ動かなくてはならないと気を張っていたので、悲しみに浸る暇もなかったのだと思います。

曾祖母にはもっと長生きしてほしかったです。今でも遺影の中でにっこり笑っているのを見ると、あの日もっと早く誰かが気付いていたらとか、お医者さんがそれまでにちゃんとなにか薬を出してくれていたらとか思ってしまいます。


ただ、それが曾祖母にとって最善の生き方だったのかと問われたときは、わからないと言うほかありません。

いつまでも元気でいてほしい人たちの話

私はわけあって母方の祖母と暮らしています。誤解の無いように言っておきますが、両親も、父方の祖母も兄弟も健在です。仕事の都合で、たまたま母の実家から通ったほうが近かったので、一緒に暮らしています。

私は25歳、つまり生まれてから25年経ったことになります。その分、家族も年をとりました。大学生だった6年間、実家を離れていたせいで、家族の老いを感じることはあまりなかったのですが(おそらく私が帰省すると皆元気でいようとするから)、地元に帰ってきて頻繁に家族に会うようになると、ああ、みんな年をとったなあ、と思うことが増えました。

父方の祖母は、目に見えて小さくなりました。背中が曲がり、足や腰のあちこちが痛いと言います。今も元気に畑に出てはいるものの、目も見えにくくなっているし、ときどき転んであちこち打ったりしているようで心配でなりません。この前はキッチンでうっかりボヤを出すところでした。昔は絶対にそんなことはしなかった人でした。

母方の祖母は、長時間歩くのが困難です。もともと心臓があまり強くないのと、肥満気味のため、長時間歩くと息が切れるのです。私には見せないだけで、いろいろ心配事を抱えていることもわかってきました。曾祖母の遺産を祖父の兄弟にむしりとられたことが(親類の当然の権利なので仕方ないとわかっていても)、私は本当に悔しくてなりません。祖母はそれがあってから、なんとなく雰囲気が変わってきました。

母は更年期で、気分の浮き沈みが激しくなりました。自分でも自覚があるようですが、躁状態鬱状態のときの差が大きすぎて自分でも戸惑っているようです。私の将来がまだ不透明なことも、その精神状態の悪化に拍車をかけているようで、申し訳ないと思います。

 

年老いた祖母と過ごす時間が長いと、先のことをあまり考えたくなくなります。だってあと30年もしたら、二人ともこの世にはいないからです。死ぬまで元気でいてほしいし、なんならずっと生きていてほしいけど、人間の命には限りがあります。生物学的に言えば細胞分裂には限界があります。だから、いつか来る別れの時をただ待つしかありません。

私は、母方の祖父をがんで亡くし、父方の祖父を脳卒中で亡くしました。曾祖母二人は、どちらも突然の死でした。大切な人を失う悲しみ、さみしさ、喪失感は知っています。一緒に暮らす家族がある日唐突にその場からいなくなったらと思うと、どうしていいかわからないほどの恐怖に襲われます。

私は私の家族と、私を愛してくれる人たちに、いつまでも元気でいてほしいと思っています。もちろん、その「いつまでも」は永遠ではなく、彼ら彼女らの命が尽きるときまで、という注釈がつくことは書き添えておかなくてはなりません。

二人の祖母が元気なうちに結婚式に招待して晴れ姿を見せたいし、ひ孫を抱かせてあげたい。迷惑ばかりかけてきた両親に、ちゃんと恩返ししたい。

叶う前に、私の前からいなくなってほしくないから、いつまでも元気でいてほしい、という話でした。

ジャニーズの話をしたらアクセス数が伸びた

おととい、こんな記事を書いたらアクセス数がめっちゃ伸びました。

やっぱりジャニーズって需要あるんだなあ(小並感)。

私はコンサートにはほとんど行かず、媒体を通して応援するタイプのあまりよろしくないオタクですので、今後もそれほどリアルタイムで情報を発信したり、あれこれ書いたりすることはないと思います。

でも、自分が好きなメンバーについて考察するのは大好物です。各グループの私の担当はほとんど寒色のメンバーだという話は上記の記事でもしました。というか青と緑に固まっているんです。JUMP、WEST、NEWS、セクゾが好きなんですが、

 

Hey!Say!JUMP:伊野尾慧(青)、中島裕翔(水色)

ジャニーズWEST藤井流星(青)、濵田崇裕(紫)

NEWS:加藤シゲアキ(緑)

Sexy Zone松島聡(緑)、中島健人(青)

 

……ね?なんかデビュー時はパッとしなくて売れだしたらじわじわとファンが増えてくるタイプ(褒めてる)のイケメン(最高に褒めてる)多くないですか?

中島裕翔と松島聡歯列矯正してからイケメン度が段違いに上がりました。裕翔くんはドラマに映画に、演技のお仕事をたくさん頂いています。松島くんはうちの母のようなおばさまからの人気がものすごいです。わかる。可愛い。

伊野尾くんは一昨年の4月、「Chau#」のプロモーションの際に「あの可愛いふわふわパーマの子は誰だ!」と話題になって一気に見つかりファンが増え、歌割りもカメラに抜かれる回数も増えました(それまでほとんどなかった)。

加藤さんも小説を書き出してからドラマにバラエティに引っ張りだこ。匂わせ彼女のせいで株が下がった相方とは対象的にアイドルである「加藤シゲアキ」を完璧に仕上げてきて、ますますイケメンになりやがりました(褒めてる)。

藤井くんはもともと後列メンでしたが、最近は「レンタル救世主」や「サムライせんせい」への出演でじわじわと知られるように。あ、E-girls藤井萩花ちゃんと藤井夏恋ちゃんのお兄さんなんですよ。遺伝子すごすぎ。顔がきれいです。

濱田くんはいま、映画「破門」にちょっとだけ出演しています。あと、関西では「住人十色」という番組にたまに出演し、爆モテ癒し系(実は肉食)リア恋感で住人の皆さんをメロメロにしています。なで肩で馬面で、ブルゾンちえみwithBの左側の人にちょっと似ています。

 

本当ここだけで彼らの魅力って語れないです。またちゃんと時間を取って、「25歳がリアルに結婚したいジャニーズ」とか「リアル上司にいてほしいジャニーズ」とか「後輩にしたいジャニーズ」とかそういうのやりたいです。あと「友達以上恋人未満でいたいジャニーズ」とか、「浮気相手にしたいジャニーズ」とか「不倫相手にしたいジャニーズ」とか、「二股かけられたい(あるいはかけたい)ジャニーズ」とか。後半ひどいな。

 

ただ、このブログはADHDもどきの25歳が日々思ったことをぽつぽつ書いていくだけのブログなので、ジャニーズについて書く機会は週1回位に留めておこうと思います。また、気になったら好きなときに覗きに来てください。

ちゃんと朝ごはんを食べたい話

私は非常に朝が弱いです。家を出る1時間前には目覚めているのに、ここ数ヶ月、朝ごはんを食べて仕事に向かえたことはほとんどありません。昨日の朝も家を出る1時間半前に目が覚めたのに、支度していたら結局ギリギリで、朝ごはんを食べそびれました。コンビニでおにぎりを買って移動中に食べましたが、祖母がせっかく作ってくれたのになあと思うと、後味の悪い出家(?)でした。面接はまあまあうまくいき、図書館で母を待ちながら履歴書を書いていました。書き終えてしまってちょっと手持ち無沙汰になったので、色々考えて決めました。

今日のブログネタは、私が朝ごはんを食べて仕事に行くためにはどうしたらいいのか、を考えることです。

なぜ朝ごはんが食べられないのか

そんなもん早く起きれば解決するとか、時間の使い方が下手くそなんだと言われてしまうと何も言えないのですが、そんな抽象的なざっくりした答えでは改善できません。私みたいな人は、早く寝るためにはどうしたらいいのか、時間をうまく使うためにはどうしたらいいのかを、具体的に考えなくてはいけないのです。しかも実行可能な内容で。早く起きるというのは無理なので、時間の使い方を考え直すことにしました。

私は公共交通機関を使って仕事に行くので、時間通りに指定の場所にいることが求められます。そこに着くまでだいたい10分は見ておきたいので、家を8時に出るとします。朝ごはんの時間は10分から15分ほしい。7時前に起きるとすると、仕度にかけられる時間は45~50分。NHKの「おはよう関西」が始まる頃には(住んでるところバレるけどいいや)部屋を出てキッチンに向かっていなくてはなりません。しかし、私はいつものんきに関西の天気予報を見ているのです。8時前に慌てて部屋を出て、朝ごはんもそこそこに家を出ていきます。

普段、どんなふうにこの時間を使っているんだろうと思い、日曜の朝、タイマーを使って測ってみることにしました。

ただし条件は普段と異なります。

1.既に朝食を食べている

2.パソコンのモニターに表示されるのはストップウォッチのみ(普段は朝からTwitterとかヤフーニュースをみたりします)

3.テレビはつけない(普段はつけてニュースを見ています)

4.予め着る服を決めている

この条件下なら最速に近いタイムが叩き出せると思い、普段、いかに時間を浪費しているのか考えました。

結果

1.起床して手洗いに行きコンタクトを装用する 約3分

2.前髪を整え、アイロンを温めている間に顔を整え、下地を塗り、髪にカールローションをスプレーする 約5分

3.アイロンが温まったところで髪を巻く 約15分

4.ベースメイク(ファンデ、コンシーラー、ハイライト、パウダー) 約3分30秒

5.パーツメイク(眉、アイシャドウ、リップ、チーク) 約4分

6.髪の巻きがイマイチなところを直したり、出ているものをしまう 約3分

7.服を選んで着替える 約3分

計 約36分30秒

……アレ???

できるやん。40分で支度できるやん。できてしまいました。この感じだとマスカラとアイラインも引けますね?いったいどういうことでしょうか。

なぜ普段は支度に1時間近くかかるのか

考えられる可能性は結構あります。

まず、パソコンで見ていたのがストップウォッチアプリだけだったこと。Twitterをみたりヤフーニュースを見ていると、それだけでおそらく5分くらいはロスしています。やめよう。むしろストップウォッチで時間測りながらやるくらいにしよう。

次に、メイクが必要最低限でよかったこと。普段は日焼け止めを塗りますし、化粧もかなりしっかりしていきます。薄いほうが職場の男性ウケはいいんでしょうけど、武装しないと安心できないタイプなんです。武装しなくても生きていけるので、アイラインは最悪公共交通機関内で引くことにします。

そして、服があらかじめ決まっていたこと。これは大きいです。翌日の天気予報を見て前の日から着る服を決めておくのですが、当日になって「なんか違う」ってなることが多い。やめます、そういうの。前の日の自分が決めたんだからそれが最善なんだと思うようにします。

ちゃんと朝ご飯を食べて仕事に行くには

朝は「支度をする」ことに集中することが大事だと判明しました。そのためには、

1.パソコンの画面には余計なものを出さない

2.テレビはつけない

3.見えるところに時計を置き、常に時間を意識する

4.家で最低限すべきことを決める

5.着る服と持ち物は前日のうちに揃えておく

6.余裕があれば時間を計りながら支度する

ことが必要だとわかりました。

明日はこれを心がけて支度に励みます。定型発達の人には当たり前なんでしょうけど。とりあえずストップウォッチで時間を計りながら支度することにします。

時間の使い方が下手なみんな!強く生きような~~~!!!

ジャニーズ若手グループ(平均年齢25歳以下)にみるメンバーカラーの意味

どうも、ジャニオタです(聞いてない)。最近はちょっと追っかけやめていますが、去年くらいまで平成の世を高く跳ぶあのグループと、関西の愉快な7人組の弟分のオタクでした。

今日ふと、ジャニーズグループのメンバーカラーには何か共通点や意味があるのではないかと思い、若手グループ(平均年齢25歳以下)のメンバーカラーについてちょっと考察してみました。正直、ジャニーズに興味がない人には死ぬほどつまらない記事です。興味がなかったら読み飛ばしてください。

メンバーカラーって?

ほとんどのジャニーズグループは、メンバーに色が割り振られています。それがメンバーカラーです。女性アイドルのようにサイリウムの色が指定されているとかではなく、アイドル自身がその色の衣装を着用したり、公式で紹介されるときに用いられることが多いです。若いグループほど、「色が人を表す」場合が顕著なので、今回は若手に絞りました。みんなおじちゃんになったね……。

対象グループ

平均年齢が若い順に、Sexy Zone(19.6歳)、Hey!Say!JUMP(24.7歳)、ジャニーズWEST(24.9歳)の3グループ。

色分け

上から、ジャニーズWEST、Hey!Say!JUMP、Sexy Zone

ジャニーズWEST重岡大毅

HeySayJUMP:山田涼介

Sexy Zone佐藤勝利

グループのセンター、あるいは「顔」となるメンバーがこの色をあてがわれます。全員、お仕事では完璧にアイドル仕上げてきますが、ただの引きこもりオタク(山田涼介)だったり、家で肩にインコ乗せてギター弾いてたり(佐藤勝利)、私服がハイパーダサくてプライベート謎すぎる男(重岡大毅とかそんなんが多いです。ポジションはセンターがほとんどで、グループと言えばこの人、という感じ。戦隊モノの赤と同じ位置づけですね。

ピンク

ジャニーズWEST小瀧望

HeySayJUMP:知念侑李

Sexy Zone:該当なし

グループ最年少の凸凹コンビ。グループ全員に愛されていて、本人もその自覚がある甘えん坊さん。お財布を出さない子(知念)とビッグベイビー(小瀧)ですから……。だいたい最年長(もしくはそれに近い人)とプライベートでも仲良し。グループできたてのときは赤の子の次にお仕事をもらうことが多い気がします。ポジションはセンターの近くで、2列・3列編成では前列にいるイメージ。

オレンジ

ジャニーズWEST桐山照史

HeySayJUMP:有岡大貴

Sexy Zoneマリウス葉

お仕事ではとっても明るいのに絶対闇抱えてそうな人たち(褒めてる)。ニコニコしておバカ発言したりするけど、その裏でいろいろ考えていそう。桐山くんは仕事のストレスで突発性難聴になったし、有岡くんは打ち合わせがあるにも関わらず屋久島に一人旅するレベルの闇を抱えています。ポジションはだいたい赤の横とか近くで、ピンク同様前列組。バラエティ班が多いイメージです。

黄色

ジャニーズWEST中間淳太

HeySayJUMP:八乙女光

Sexy Zone:該当なし

クリエイト精神、プロデュース精神の強い人達。NEWSの増田貴久くんも黄色。中間くんはコンサートの構成や演出などにかなりの部分で意見を出しているし、八乙女くんはアルバムタイトルを発案しています(昨年のアルバム『JUMPing CAR』は彼が決めた)。増田くんは衣装について、シングルでもツアーでもかなり関わっています。クリエイティブな人と個性的な人がバランスよくいて、ポジションはたいてい赤の人の近くかな。

水色も含む)

ジャニーズWEST藤井流星

HeySayJUMP:伊野尾慧(青)、中島裕翔(水色)

Sexy Zone中島健人

赤の子とは別に、グループの知名度を底上げしていく人たち。ドラマやバラエティへの出演でちゃんと見つかるようなキャラクターやルックスを持っている4人です。めざまし木曜日が伊野尾くん、レンタル救世主が藤井くん、デート(杏ちゃんのドラマ)が中島裕翔、セクシーサンキューの人が中島健人です。デビューしたてのころは後列に回されることが多いですが、人気が出てくると歌割りが増え、前列に加わったり露出が増えてきてゴリ押し出世が顕著に(ほめてる)。私の推しはなぜか青とか緑が多いです。

黄緑も含む)

ジャニーズWEST神山智洋

HeySayJUMP:岡本圭人(緑)、薮宏太(黄緑)

Sexy Zone松島聡

天然バカ(松島)と、ほんわか天使(岡本)、サッカーオタク(薮)、オカン(神山)。共通点なさそうですが、みんな縁の下の力持ちとして、グループのことを一生懸命考えています。あと、優しさとボケの割合が絶妙でメンバーからよくいじられています。本人は一生懸命話しているのに空回りすることもあるのがまた可愛いです。ポジションとしては後列に含まれますが、歌パートでは飛び道具的に美味しい役割をもらうこともあります。

ジャニーズWEST:濱田崇裕

HeySayJUMP:髙木雄也

Sexy Zone菊池風磨

世間に見つかって本気出してからがいい意味でヤバイ人たち。ただのリア恋枠でしかない(アイドルとしてよりも、現実の世界にいたら間違いなく普通にモテるタイプ)です。モテる振る舞いが無意識にできてしまうので、メンバーからもその気遣いの良さを褒められることが多いです。ただ、アホと秀才の差が顕著なのもここだと思っていて、濱田くんと髙木くんはレギュラー番組で大ボケおバカ回答かましまくってる一方、菊池くんは慶應在学中だし、他のグループで言えばNEWSの小山くんも明治大卒。関ジャニ∞村上信五くんは司会者道を爆走中。ポジションは前列と後列をバランス良く行き来するイメージ。

 

 

私の感覚としては、赤を中心に暖色系がジャニーさん的推しメン(というかグループのメインメンバー)です。テレビに優先的に出してもらえて、歌割りも多めに与えられて、必然的に歌番組のカメラでもたくさん抜かれる。デビューしたてでメンバー個々の認知度が低い状態のとき、グループを表すようなメンバーがここに含まれる気がします。

青を中心に寒色系のメンバーは、実人気にかかわらず歌割りが顕著に少ない(ひどいときはソロパートなし)し、カメラに抜かれても一瞬とかで、格差があれこれ言われることも。デビューしてグループの認知度が高まり、個々のメンバーにも目が行くようになると「なんで彼を隠していたんだ!」と外から怒られるくらい、ファンがたくさんつきます。出し惜しみかな。私の担当さんはだいたいみんな寒色系なので、なんかまあそういうことなんでしょう。

例外もたくさんあります。セクシーゾーンはお兄ちゃん二人(健人と風磨)がふたりとも寒色です(セクゾはもともと勝利くんのためのグループなので)。嵐は暖色組が櫻井くん(赤)、ニノ(黄色)だけですが、ジャニーさんは松潤(紫)が大のお気に入りです。そのへんはデビュー時の年齢などを考慮していたのでしょう。

大人グループも含めての考察をするとまた違った結果が出てきそうなので、時間があればやってみたいですね。今でこそかなりフレキシブルになってきましたし、またデビューするグループがあれば異なってくると思いますが、ジャニーさんはたぶんセンターに赤を据えるのだけはやめないはず。

おそまつさまでした!!!!

初めてハローワークに行った話(求職者Ver.)

数日前、私は生まれて初めてハローワークに行きました。正直、ハローワークって仕事がない人が行くところだと思っていたので、行くのにはかなり抵抗がありました。だって私まだ仕事してるし。でも、転職を考えている人は仕事の合間を縫って行ったりするんですよね。

なので、私も仕事が休みの日に母にケツを叩かれ、ようやく重い腰を上げてハローワークに行きました。

めちゃくちゃ良いところでした

なんで今まで行かなかったんだろう、私。今日も行って、紹介状を出してもらってきました。始めて行く方の助けになるように、初めて行ったらこんなことするよ~って言うのを簡単に書くので、今から行こうと思っている方は参考にしてみてください。アルバイトを探している学生さんにもぜひハローワークに行ってもらいたいです。パートのお仕事も色々あるので、私も学生のうちに行ってみれば良かったなって思いました。

 

0.行く前に

持っていったほうがいいもの

・A4サイズのクリアファイル…出してもらった求人票や紹介状を持って帰る時に使います。

・クリアファイルが入るかばん

・筆記用具

服装

ぶっちゃけなんでも大丈夫です。私はいつも普段仕事に着て行くような服で行きますが、ジャージでも問題ないです。明らかに常軌を逸していない限りは咎められません(裸とかパジャマとか)。髪の色とかもなんでもいいと思います。面接時にはちゃんとしていきましょう。

 

1.ハローワークに登録しよう

入ると「総合案内」(場所によってちょっと違うかも)があります。受付の人に用件を言いましょう。初めて行った人は、「登録したいんですが」と言うと、受付の人(めっちゃ優しい)が登録用紙を出してくださいますので、必要事項を記入します。わからないところは空欄で大丈夫です。ここで時間をとられたくない人は、事前にネットで「求職情報仮登録」ができますので、家で記入してから行くと時間短縮になるようです(以下リンク「求職情報仮登録」を参照)。

ハローワークインターネットサービス - 求職申込み手続きのご案内

その後、ハローワークカードなるものを作ってもらうので、相談窓口に移ります。ハローワークカードは全国どこのハロワでも使えるので、大事においておきましょう(忘れても大丈夫みたいですが)。相談窓口では、相談員の方(めっちゃ優しい)が、登録内容について色々聞いてくださいます。この方がまたびっくりするくらい優しいです。空欄のところはこのときに埋めてくださいますので、わからないことがあれば色々聞いておきましょう。優しく教えて下さいます。登録が済んだら、ハローワークカード(ぺらい。バーコードがついた普通の紙って感じです)がもらえます。ちなみに、受け付けた求職申込みの有効期間は、原則として受理した日の翌々月の末日までです。

 

2.求人情報を探そう

登録が済んだらそのまま帰ってもいいですし、求人を探しても良いです。既に応募したい求人が決まっている人は、登録の続きでだいたいの内容を伝えたら探してくださいます。もし他にも見たいという場合は、ハロワに備え付けのパソコンで求人票(以下参照)を検索することができます。

http://tokyo-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0011/5291/20119511406.jpg

 

受付の人に「パソコン使いたいんですけど」と言えば、パソコンの番号が書かれた紙を渡して下さいますので、指定された番号のパソコンを使います(もしかしたら場所によって違うかも)。使い方はここでは触れませんが、条件や働く場所を指定していろいろ検索できるので、試してみてください。気になった求人があったら、求人票のページから1回に10枚まで印刷できます。

 

3.紹介状を発行してもらおう

応募したい求人が決まったら、「これはちょっと高望みかな…」とか「私の経歴では無理かも…」とか思わず、とりあえず2つか3つくらい印刷しましょう。そして、パソコンの画面をちゃんと最初の状態(番号の画面)に戻してから、受付に行って、「紹介状を出していただきたいです」と言うと、番号札をくださいますので、番号が呼ばれたら指定された席に行きます。

そうしたら、相談員さん(基本的にめっちゃ優しい)に求人票を見せます。2つ以上持っていったら、優先度が高いほうを先に対応してもらいましょう。向こうが出している条件やこちらの経歴とのすり合わせをしてくださいます。「こういう資格いりますが持ってますか」とか、「休みこんな感じですがいけますか」とか、「仕事内容こういうのですけど大丈夫ですか」みたいな説明。応募について事前連絡が必要な場合がほとんどなので、相手先に連絡してくださいます。相手先から「応募?大丈夫ですよ」という返事がもらえたら、紹介状を発行してもらえます。希望したところの紹介状をもらったら、用件は終了です。クリアファイルに求人票と紹介状を折れないように入れて持ち帰りましょう。

履歴書を出すときは、紹介状が折れないように、A4サイズのクリアファイルに入れてそれがすっぽり入る封筒に入れましょう(最初に受け付けてくれた優しいおじちゃんが教えてくれた)。持参する場合も同じです。

 

4.おわりに

いかがでしょうか?なんとなくイメージを掴んでもらえましたか?

行ってみて思ったんですけど、ハローワークの人たちは基本的に優しいです。受付の人なんか天使かなってくらい優しいです。わからないことがあれば遠慮なく聞いてオッケーです。相談員の人たちもめちゃくちゃ優しいし、肯定的な言葉掛けをしてくださるので、自己肯定感が上がります。良い人に当たれば、紹介状を出してもらったときに「頑張ってね」と言ってくださいます(初日がこういう人で、本当に感動した)。色んな人が来てますが誰に対しても優しいです。なので、みなさんもお仕事探しの際は、ネットの情報もいいですが、ハローワークも選択肢に加えてみてください(^^)

この記事が、少しでも仕事を探している方々のお役に立ちますように!